Tags

, , , , , , , ,

「これはスナップだけだ」という事をカメラマンはよく言われています。なぜでしょうか?スナップ写真と本当の写真は何が違いますか。その二つの間には大きいな違いがあります。この違いは何でしょう。第一の違いは写真の形式と内容です。はっきり写真の画題が見えるかどうか。写真を見る時、意味がわかるかどうかがポイントです。たとえ美し写真でも感情やメッセージが入ってなかったら、その写真の意味はなんでしょう。例えば写真を見て、知って欲しい。一つの写真のトピクは富士山の問題です。例えば、富士山を登っている人は毎年にたくさんゴミを捨てています。写真を撮る時になんとかしてそういう現実的な問題の写真。しして、そのメッセージが伝われば、スナップではではありません。いつも真面目なトピックは必要な事ではありません。感情はよい面白いトピックだと思っています。幸せ、退屈、激怒、全部写真のよいトピックです。もしそういう写真を見たら、そしてカメラマンの気持ちが簡単に分かります事ができます。このようにして撮った写真はスナップではありません。

第二の違いはテクニックです。テクニックが上手でも写真を撮る十分ではありません。写真の中について真剣に考えていましたか。先の富士山の写真をさらに考えましょう。もしその写真の空に飛行機があれば、その写真に飛行機が必要かどうかどうでしょうか。スナップ写真を撮る人はあまり真面目に考えていません。カメラマンは長い時間をかけて、そして後で写真を撮ります。スナップを撮る人はいつに写真を撮るかを考えていませんが、カメラマンは真剣に考えています。今日は眩しいですか。それとも曇り空ですか。冬の日と夏の日も違います。一枚の写真を撮りたい時、1時間、1日、一ヶ月、六ヶ月を待っていることは珍しくないです。第三の違いはソフトウェアの使用です。撮った写真の内容が変わったら、本当の写真ではありません。写真の内容が決めるのはカメラのボタンを押す時だけです。それはカメラマンの厳しい約束です。ですから、次にカメラのボタンを押す時に、少し考えて下さい。写真が欲しいですか。それともスナップが欲しいですか。写真について真剣に考えたら良いと思います。

内容(ないよう)
形式(けいしき)
画題(がだい)
風景(ふうけい)
なんとかして
足る(たる)
感心しません
真面目(まじめ)
眩しい(まぶしい)
話題(わだい)
退屈(たいくつ)
激怒(げきど)
厳しい(きびしい)

Advertisements